八ヶ岳通い&街に住む coolpine19のブログ

夏は山遊び・山登り、きのこがりと八ヶ岳通い、冬は関東の街暮らし 季節の変化、いろいろな出来事も、つらつら書いています

編笠山登山

 今回は、登山のつもりではなく、紅葉狩りに来たので、あまり登山の支度をしてこなかった。
しか~し、高原ラインの紅葉がものすごくきれいだったので、しっかりと登りたくなった。
昨年もそんな風で、アンパンと缶コーヒーだけで、天女山から三ツ頭に登ってしまったことがあった。
今は、その反省もあり、車の中に基本的な物は入れている。
しかし、熊鈴と登山手袋を忘れた。さらに、5分歩いて、ストック忘れに気づき、車に取りにもどった。
コースは、観音平から編笠山に登ることにした。
朝の天気は曇、編笠山頂では晴れ、そのため山頂や溶岩地帯でのんびりした。
青年小屋に着いたとき、12時:45分になっていた。さらに、下山の時、空があやしくなって小雨が降ってきた。八ヶ岳の天気は、午後から変わることが多いと思う・・・。


時間・・・約7時間(休憩含む) 
 難易度・・★(登山道の分かりにくいとことがある。赤いテープは少ない。)
 体力・・★★(押手川分岐から頂上までは登りがきつい。青年小屋に下りるときの溶岩の大岩歩きは、おもしろいかな・・)
コース
観音平駐車場am8:15--雲海展望台--押手川--編笠山山頂11:20~11:40--溶岩の岩場(お昼)--青年小屋より下山1:00(空があやしくなる)--押手川(小雨)--雲海展望台---pm3:00観音平駐車場(下山は小雨だったので休まず下山のため早かった)
イメージ 1
この場所で、360度のパノラマ映像を撮る・・
風が強くて、風の音(ボボ~)がひどかったので、かわりに音楽を入れました
2014.10.27 八ヶ岳 編笠山 山頂からのパノラマ風景  http://youtu.be/8xpE_d87BuU  
 
 イメージ 2青年小屋からの編笠山と溶岩地帯・・・真ん中あたりの人の大きさで、岩の大きさが分かる。
青年小屋の名物、「遠い飲み屋」の赤ちょうちん・・・・昨夜泊まった人達に途中、出会ったので、今季は、まだ営業中のよう・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紅葉は進んで・・・

イメージ 3
 
イメージ 4地図アプリで記録、下山のとき樹木伐採のところあたりで、ちょっと登山道を間違えた。

GPSのルート記録間隔を30秒ごとに変えたら表記の誤差が少なくなった。バッテリーの消耗はあまり変わらなかった。
 
    軽登山・トレッキング 人気ブログランキング OUT順 - アウトドアブログ村  
 
       八ヶ岳情報ブログランキング参加用リンク一覧