八ヶ岳通い&住む coolpine19のブログ

山遊び、山登り、きのこがり、八ヶ岳に通い、山や季節の変化、山以外の出来事も、つらつら書いています。

雲の平 その4 絶景の三俣蓮華岳~双六岳

最終日は、長い道のりになった。(地図1)
イメージ 1行きは巻道(お花畑コース)を通ったが、
帰りは三俣蓮華岳双六岳を登頂し、その尾根を歩く。
暗くなる前に新穂高まで戻らなければならない。
 コースの地図は長いので2枚になる(地図2)
イメージ 2
歩いた行程
4:15三俣山荘出発
5:05三俣蓮華山頂
5:35尾根を行く
6:15丸山
7:00双六岳 7:45双六岳より下山 8:30双六小屋 休憩して出発 10:00弓折乗越 
~鏡平 ~わさび小屋でトマト 
15:45新穂高到着
 
歩行時間・・11時間30分(休憩などを含む)
 
イメージ 3
朝は・・・長い行程なのでヘッドランプをつけ、早く出発した。
イメージ 4そのため、三俣蓮華岳で朝日を見ることができた。鷲羽岳の肩羽の所から日がさしてきて、とても神々しかった。
イメージ 5
 
 
寒かったので、ダウンベストを着た。
イメージ 6三俣蓮華岳双六岳にかけては、前日と同じ雲の平のようで広い日本庭園や雪田が広がっていた。
360度の景色は、北アルプスの槍・穂高岳、焼岳、乗鞍岳、笠ケ岳、黒部五郎岳水晶岳大天井岳が取り囲むように見えていた。すばらしい絶景を見ながら朝日を浴びて歩くのは、爽快だった。
イメージ 7
   ↑東にはいつも槍ヶ岳が見える。
 途中で来た道を振り返る 三俣蓮華岳水晶岳方面→
 
 焼岳の後ろが、乗鞍、その後ろに見えるのが、御嶽山・・・まだ、5人の方々が眠る。
 右にとがって先だけ見えるのは笠ケ岳↓
イメージ 8
イメージ 11
お花畑では、もう秋の花が咲いていた。
トウヤクリンドウ
イメージ 9   オヤマリンドウ
          ↓
イメージ 10
双六岳からの景色は、槍ヶ岳に向かっての一本道のように見えた。
イメージ 12
男女かかわらず単独の人が多く、一人で歩いている姿がかっこよく見えた。若い女の子が一人で大きなリュックを背負い、スリッパを下げて、テン泊やる気満々なのを見ると、さらに頼もしいな~と思ったりした。
また、年配の人も多く、まだまだ自分も頑張らなきゃと思った。登山はいろいろな人からエネルギーをもらうことができた。
 
イメージ 13
          一度は来てみたいあこがれの地が、「雲の平」・・・の意味がすこしは分かったような気がした。
 
・・・この日のブヨ対策・・・
イメージ 14
サングラスだけでは、まだ刺されるのでこのように顔全体を覆って防ぎました。でも、これは山を登るときは、空気を取り込みにくくなり、あまり良くなかった。顔全体を覆う黒いネットをかぶっている人を何人か見ました。
皆さん、虫対策はしています。次は、ちゃんとやって来ます。