八ヶ岳通い&街に住む coolpine19のブログ

夏は山遊び・山登り、きのこがりと八ヶ岳通い、冬は関東の街暮らし 季節の変化、いろいろな出来事も、つらつら書いています

大天井岳~東鎌尾根~槍ヶ岳

この日のコースは・・・
イメージ 1大天荘4:00大天井ヒュッテ~ヒュッテ西岳7:50水俣乗越9:05~ヒュッテ大槍11:05槍ヶ岳山荘12:20食事・休憩~槍の穂先に並ぶ13:30槍ヶ岳山頂に立つ16:25~山荘16:50 

まだ暗いうちに出発なのでヘッドライトをつけて出る。

大天荘4:00大天井ヒュッテの間はかなり急なごろごろ石の斜面を歩いていたのだが、暗くて谷底が見えないのが幸い。見えていたら足がふるえたかも・・。

地図上でもある谷川が、北側にも同じようにあり、両方の川が 尾根歩きで見えるのだから、どれだけ細い尾根(急な斜面上)を歩いているんだろう。
その分、景色は抜群。
表銀座」という名にふさわしいと思う。 
ビックリ平(2543m)と地図上にあるところあたりで、尾根の北側、槍ヶ岳方面が見えるようになり、息をのむほど美しい景色となる。名前の由来もそんなことかもしれない。
このあたりで、写真や映像をたくさん撮っていたら時間が押してしまった。

まずは、日の出前のモルゲンロートの空

イメージ 2
映像にすると、こんな感じになります。
いよいよ日の出。
そして、西岳小屋に到着、これから槍ケ岳に向けて東鎌尾根を登る。岩登り、急な登りもはじまる。
イメージ 3

西岳小屋からの東鎌尾根、右の尾根は、バリルートの北鎌尾根(超難所)
イメージ 4
東鎌尾根、槍ケ岳、北鎌尾根のアップ。後ろに見えるのが、穂高連峰への尾根
イメージ 5
東鎌尾根の岩登り、最終ラウンドあたり、左右はかなりの急斜面岩場。
イメージ 6
その後は、ヒュッテ大槍11:05槍ヶ岳山荘12:20食事・休憩~槍の穂先に並ぶ13:30槍ヶ岳山頂に立つ16:25~山荘16:50
イメージ 7
槍ヶ岳の穂先の渋滞で、3時間もかかった。

待っている間に、天気はどんどんくずれ、寒さが増した。9月とはいえ、三千メートル以上の高山は、もうすぐ初雪の季節。


それで、やっと登頂できたときは、ほとんど真っ白の雲の中。槍ヶ岳登頂記念写真。
イメージ 8・・・渋滞はこりごり。