八ヶ岳通い&街に住む coolpine19のブログ

夏は山遊び・山登り、きのこがりと八ヶ岳通い、冬は関東の街暮らし 季節の変化、いろいろな出来事も、つらつら書いています

櫛形山の原生林と花

イメージ 1アヤメ平から櫛形山山頂にかけての樹林帯は、標高2000m。
そこは、ダケカンバやカラマツの原生林地帯。
こんな大木があちらこちらに立っていて、それぞれ根元から幹が分かれ、より巨木となっていた。
巨木に顔があったら、「お~い、こんなところまでよく来たなあ・・・」と低い声でささやいてくれそうな原生林。
昼でも、ひんやり、トトロの森があったらこんな感じかも・・。
イメージ 2←写真の大木にはこう書かれている。マツ科 カラマツ 樹齢 推定300年 樹周8.1m 樹高25m
 イメージ 3

木がレースをまとっているかのような植物、サルオカゼ                                                                                                                                                
 櫛形山は、バイケイソウの森 ↓  イメージ 4イメージ 5                                                                                                                                                                                             
次は、お花・・・
コミヤマカタバミ
イメージ 6
イメージ 7













ホソバノアマナ
イメージ 8
イメージ 9
そして、可憐な白い花なのに名前が分からない。
どなたか教えてください♪                              
イメージ 10