八ヶ岳通い&街に住む coolpine19のブログ

夏は山遊び・山登り、きのこがりと八ヶ岳通い、冬は関東の街暮らし 季節の変化、いろいろな出来事も、つらつら書いています

霧の南八ヶ岳周回(権現岳~三ツ頭)

 お天気は晴れる予報だった・・・
しかし、登ってみたら、そこは霧(雲)の中だった。
下の町と山の上の天気は全然ちがう。
晴れていれば、色鮮やかなミヤマシオガマの向こうに赤岳・阿弥陀岳が見えるはずだった。(ギボシの尾根で↓)
イメージ 1
  昨年の秋の終わりに、女山コースで三ツ頭~権現岳へ登った。この時には、素晴らしい絶景だったので、良かったらこちらも、ご覧ください。⇒晩秋の権現岳(2715m) 
  今回は、観音平コースで周回登山をした。
登山口の観音平からは、昨年紅葉の時、編笠山に登ったことがあった。また、1月に雪山の編笠~西岳と登っているので、今回、編笠山はパスして青年小屋に直行した。

観音平コース(観音平~青年小屋~権現岳~三ツ頭~観音平)
イメージ 2
コース タイム・・・9時間29分(休憩含む)
歩行距離・・19.6km
標高差・・1143m(アップダウンあり)
(観音平1572m~権現岳2715mのため)

時間
観音平  5:45

雲海展望台 6:35

押手川  7:19

青年小屋 8:30(霧の中、行くか止めるかでしばらく様子見)

ギボシ  10:12(鎖場あり、足場の悪い所ありで、今回のコース難関核心部)

権現岳   11:04(お花いっぱい)

三ツ頭   11:59


観音平到着  15:16
 
ミヤマオダマキ (霧が露になって・・)
ギボシ周辺で可憐に咲いていた。内側が黄白色。イメージ 3
ミヤマクロユリ・・咲いていました!感激!はじめまして!
イメージ 4
青年小屋の向こうには編笠山じゃなくて白い霧だった。
イメージ 5
ギボシあたりのガレ場・・真っ白で視界5m?
下が見えないので、どんな急な岩場も怖くない・・。
イメージ 6頂上近くはハクサンイチゲのお花がいっぱい。
ここまで登ってきて良かった~。向こうにぼんやり権現岳山頂。すぐ近くなのに。
イメージ 7
霧の中の権現岳・・・向こうには、赤岳が見えるはずだけど、今日は、白一色。
イメージ 8
三ツ頭の先には、南アルプスと富士山を想像して・・
イメージ 9
やっとヘリポートに到着。
標高が下がり、天気が良くなった。左は、茅ヶ岳、右が南アルプス
イメージ 10
15:16 観音平に到着・・ここの天気は晴れ。
イメージ 12
 









16:00     山よりもどる。今日、山頂に近い所は1日中真っ白だったようだ。
まだ、雲の中の権現岳は、見えていない。↓

下界は、晴れていたらしいけど・・・。
イメージ 11



絶景は見られなかったけど、お花がたくさん咲いていて、充実の登山だった。

下界は、うっとおしい梅雨の時期なのに、山では今が高山植物の開花の時。
登るのが厳しいところほど、美しい花が咲いていた。
どんな花が咲いていたのか、続きをお楽しみに・・・。