八ヶ岳通い&街に住む coolpine19のブログ

夏は山遊び・山登り、きのこがりと八ヶ岳通い、冬は関東の街暮らし 季節の変化、いろいろな出来事も、つらつら書いています

八ヶ岳縦走その3横岳~硫黄岳~本沢温泉~みどり池~松原湖

硫黄岳への途中で、パノラマ写真の山並み。
イメージ 1
八ヶ岳は、日本百名山人気の山ランキングで、6位だそうで、11月3日に日本百名山の番組でやっていました。
ちなみに、1位…富士山 2位・・・・槍ヶ岳 3位・・・穂高岳 だったかな・・。?
わたしは、八ヶ岳が1番かな~登りやすさも一番だから・・・。
美しさも、この通り↓
イメージ 2
晴れている硫黄岳を見たのは、初めてで、これまでは、強風と霧で視界5メートル以内の硫黄岳だった。
天気が良いと、こんな景色だったってことに感激。
爆裂火口壁をはじめて見た。霧でこちらに迷い込まないように、ケルンがあるってことを再確認した。
イメージ 3
これが、ケルン。硫黄岳にはたくさん並んでいる。
イメージ 4







後ろの山々は、冠雪している北アルプス穂高岳や大キレット、槍ケ岳も見える。





硫黄岳山頂は、広くて平ら、台形の形、山頂は、くだけた溶岩の原。・・・横は絶壁の火口(左右とも)
イメージ 5
360度の映像・・・やや強い風の音が入っています。
この後は、夏沢峠まで急斜面を約40分で横切るように下りる。
そして、夏沢峠分岐(2440m)から本沢温泉に向かって、どんどん森林地帯を下る。10:45~
カラマツの紅葉は、すでに終わっていたが、北八ヶ岳らしい苔むした原生林の中を下山、緑の苔が倒木を包んでいる。苔のじゅうたんに、ふれてみたくなる。
本沢温泉露天風呂↓11:15
イメージ 6
・・・ここは、雲上の湯、日本の秘湯、
標高2110mで日本一標高の高い露天風呂で知られる。
しかし、下山時間の都合で、露天風呂には入らず、場所だけを確認した。
思ったより、湯気も出ていて、温かそうだった。。
露天風呂だけでなく、温泉宿の内風呂には、いくつかの風情のある離れの湯小屋があり、いつか、ゆっくり行ってみたい・・・。
そこから、また、1時間半くらい歩いて、緑の湖面のみどり池に到着。森の中にはひっそりと立つしらびそ小屋。・・・時間は、12:50

イメージ 7
みどり池から、山道を、また1時間半下って、稲子湯Pに到着。そこから車で移動して、
小海線に近い松原湖で遅い昼食・・・pm2:30 まだ、紅葉がきれい。
イメージ 8
その後、南牧村の紅葉をながめながら、車でぐるりと小海線沿いに移動。北八ヶ岳南八ヶ岳へもどる。
pm3:20くらいにはじめのスキー場へ到着。
南から北への八ヶ岳縦走は、まるごと八ヶ岳のいいところを味わうことができた。