八ヶ岳通い&住む coolpine19のブログ

山遊び、山登り、きのこがり、八ヶ岳に通い、山や季節の変化、山以外の出来事も、つらつら書いています。

年末雪山(北横岳~縞枯山)

雪山を見たくて北八ヶ岳に行った。
蓼科までの道路は雪も凍結もなく、これも昨年とは違っていた。
9:30~北八ヶ岳ロープウェイ(片道1000円)で標高2230mの坪庭まで上がる。
北八ヶ岳ロープウェイは、ピラタス蓼科スキー場。
帰りは滑って降りられるので、スキー板・靴を持って搭乗した。
歩いたコースは、地図の通り
歩行時間・・・約6時間(休憩・昼食・スキー履き替え含む)
コース
 9:30 北八ヶ岳ロープウェイ
 9:45 坪庭
10:45 北横ヒュッテ
11:00 北横岳南峰
11:10 北横岳北峰
11:40 北横ヒュッテ
12:07 七つ池
12:30 坪庭
12:50 縞枯山
1:23 縞枯山頂上
1:43 展望台
2;10 五辻
2:45 坪庭到着
3:10 スキーで下山
・・・ここから登山の流れ・・・
坪庭より北横岳向かう。青空と雪の白さが絶景。
あまりの美しさに写真ばかり撮っていてなかなか先に進まない。
10:45~北横ヒュッテ 昨年は、左のほうの樹林の上まで雪が積もっていたというので、ここは、昨年豪雪だったらしい。
 
 
 11:00~北横岳南峰(2472.5m)到着・・・雪山山頂からの絶景はこの世のものとは思えないくらい・・・。
11:10~北横岳北峰(2480m)到着・・・こちらが北横岳山頂
ここは、南峰と北峰がある双耳峰なので、北峰へ行く途中の景色が最高だった。
正面の蓼科山北アルプス中央アルプス御嶽山南アルプス全てが白く冠雪している。
八ヶ岳ブルーの青空と、樹木は白いモンスターに変身し美しかった。
南峰の人が、北峰から見える。
雪は太陽に照らされ氷った部分がキラキラと宝石のように輝いて見えた。
いつもは、強風の頂上も、この日は風もなく、ただ寒さだけは強烈だったので写真撮影などで手袋をとると辛い。寒いので頂上でランチ・お茶などする人もなかった。
11:40~時間も早かったので、北横ヒュッテまでもどった。
ここは、皆さんのお食事場となっていたので、ここのブランコあたりで昼食。
 
12:07~いつもは豪雪で閉鎖されている七つ池に行けた。池は、完全氷結中なので、池の上を歩いて遊ぶ.
「ポールの先に見えるのが北横岳です。」→
12:30~坪庭にもどる。まだまだ雪山を満喫したくて、縞枯山荘の方に向けて出発。

12:50~縞枯山荘から縞枯山に向けて雪山登り・・・登りがかなり急で、厳しかった。

1:23 縞枯山頂上(2403m)に到着 地図上は山荘から頂上まで50分となっているが、30分弱で登れる。
ここから、Uターンするか周回するか考えたが、天気が良かったので、展望台まで行くことになった。

1:43 展望台(2386.8m)到着  ・・中央アルプス御嶽山南アルプスの展望はすばらしかった。
ここからは、茶臼山麦草峠に行けるようなので、いつか行ってみたい。
2;10 五辻をロープウェイ方向に曲がる。
 
2:45 坪庭到着
 
3:10 スキーに履き替えて林間カモシカコースを滑って下山。
 
2015年の年末は、晴天に恵まれ雪山を満喫できました。
北横や縞枯山の雪も、新雪で歩きやすく、6爪アイゼンがちょうど良い感じでした。
しかし、スキー場の雪は、どこも雪不足のため人口降雪機の雪で、地面はアイスバーン、上の雪はシャーペットなので、重くて滑りにくく、スキーには、残念なようです。
2016年が、すばらしい年でありますように